• Copyright © 2019 CoCoLozashi Music Atelier  All Rights Reserved.

​ごあいさつ
当ホームページをご覧頂きありがとうございます。
私はバンド活動、楽曲提供、ギター講師、人生を様々な音楽活動と共に歩いて来ました。
31歳の誕生日に音楽事務所「株式会社こころざし音楽工房」へ所属し会社員を辞め、音楽一本の道へ。
自分が得た経験や技術を地域へ社会へ役立ていきたいという志で音楽での地域貢献を目指し日々活動しております。

   来歴 

1984年1月20日、千葉県八千代市生まれ。

作曲/編曲家、ギタリスト、音楽プロデューサー。​

Popsからアニメソング、合唱曲、吹奏楽までジャンルを問わず幅広い実績を持つ。また音楽制作や演奏のみならず、ラジオ音声の編集、レコーディングエンジニア、コンサート音響も担当。ギター講師として小学生からプロ演歌歌手まで広い年齢層を教え、音楽理論実習を受け持った生徒の中には都内音楽大学への進学実績もあり。

愛猫の「楓(かえで)」を溺愛し、LINEスタンプを制作する程重症。

バンドマンの父、ピアノ教師の母の間に生まれ教育の一環としてピアノを習う。13歳の時にギターと出会い、15歳からギタリストとしてバンド活動開始と同時に作曲も始める。

八千代台東第二小学校、八千代中学校、八千代東高校を卒業し

東京ミュージックメディアアーツ尚美を卒業。

吉本坂46、AKB48グループ、SIR(サンスポアイドルリポーター)、松平健など数々のアーティストのレコーディング、ライブへ編曲やギタリストとして参加、楽曲提供の傍らで「音楽での地域貢献を目指す」活動へ注力し、地元千葉県をはじめ静岡、京都、福島、愛媛、北海道等日本各地様々な地域興しソングを手掛ける。

 

2010年、自身が参加していたバンド「Tell a Secret」が島村楽器主催バンドコンテスト HOTLINE2010にて全国応募総数2700組の中から優勝、その様子が音楽誌「Player」に掲載される。

 

2015年1月20日 株式会社こころざし音楽工房へ所属。

2015年に千葉県芝山町60周年記念ソング「Wish〜希望の足跡〜」を提供したことをきっかけに、音楽での地域貢献を目指すことを志す。

 

2016年に八千代市イメージキャラクター”やっち”のイメージソング「ハイ・タッチ~やっちのテーマ~」を提供した事から同市との関わりが生まれ、

2017年の八千代市制50周年式典第2部のコンサート監修を担当し、同式典内にて市制50周年を記念し制作した楽曲「君の住む街」を披露し市へ寄贈(女性合唱アレンジは八千代少年少女合唱団が歌唱)。

 

2017年公開のまいぷれCMソング「MY TOWN PLANNING」の編曲を担当、現在も千葉テレビにて放映中。

j:com番組ふなばしTimes主題歌「新たな船出、夢の架け橋」編曲、ちば情熱アスリート主題歌「熱くなれ!」編曲、

同年より現住所である船橋市とも関わりが生まれ、市内様々なアーティストの編曲やレコーディングを担当する他、ふなばしミュージックストリートの審査員を務める他、船橋市観光PRドラマ「船橋市役所特案係」の音楽も担当(第8話では自身もTVディレクター役で出演)

 

2018年3月、編曲とギターを担当したSIR(サンスポアイドルリポーター)のシングル「7色の未来/サムライナー」がオリコンランキング7位を獲得、タワーレコード国内総合シングルチャートで1位を獲得し新聞にも報じられ地上波TV、ラジオ、駅前大型ビジョン等国内様々なシーンで同曲が公開される。

 

2018年6月、レコーディングでギターを担当したセキスイハイム不動産CMソング「しずな〜びの歌」が静岡県ラジオCMグランプリにて優秀賞を受賞。

2018年11月「船橋人物図鑑」第3号に掲載される。

2019年5月 吉本坂46「イケメン騎士団」編曲を担当、同作品がオリコン週間ランキング3位を獲得、沖縄国際映画祭でも披露されリリックビデオが公開わずか1週間で再生回数11万回を超え好評を得る。

2019年7月  駐日デンマーク大使館にてフレディ・スヴェイネ大使夫妻の前で自信が編曲を担当した楽曲「ONE HEART」(船橋KIMONO PROJECTテーマソング)を演奏する※作曲は小松優一、歌唱は高橋恭子。

※その他実績はこちらから